業績一覧

2018年

原著論文

  1. Okazaki, E., Nishi, D., Susukida, R., Inoue, A., Shimazu, A., & Tsutsumi, A., (in press). Association between working hours, work engagement and work productivity in employees: a cross-sectional study of the Japanese Study of Health, Occupation, and Psychosocial Factors Relates Equity. Journal of Occupational Health.
  2. de Jonge, J., Shimazu, A., & Dollard, M. (2018). Short-term and long-term effects of off-job activities on recovery and sleep: A two-wave panel study among health care employees. International Journal of Environmental Research and Public Health. 15(9). pii: E2044. DOI: 10.3390/ijerph15092044
  3. Tsutsumi, A., Shimazu, A., Eguchi, H., Inoue, A., & Kawakami, N. (2018). A Japanese Stress Check Program screening tool predicts employee long-term sickness absence: A prospective study. Journal of Occupational Health, 60, 55-63.
  4. Watanabe, K., Sakuraya, A., Kawakami, N., Imamura, K., Ando, E., Asai, Y., Eguchi, H., Kobayashi, Y., Nishida, N., Arima, H., Shimazu, A., & Tsutsumi, A., (2018). Work-related psychosocial factors and metabolic syndrome onset among workers: a systematic review and meta-analysis. Obesity Reviews, 10.1111/obr.12725
  5. Eguchi, H., Watanabe, K., Kawakami, N., Ando, E., Arima, H., Asai, Y., Inoue, A., Inoue, R., Iwanaga, M., Imamura, K., Kobayashi, Y., Nishida, N., Otsuka, Y., Sakuraya, A., Tsuno, K., Shimazu, A., & Tsutsum, A. (2018). Psychosocial factors at work and inflammatory markers: protocol for a systematic review and meta-analysis. BMJ Open, 8:e022612. DOI: 10.1136/bmjopen-2018-022612
  6. Imamura, K., Asai, Y., Watanabe, K., Tsutsumi, A., Shimazu, A., Inoue, A., Hiro, H., Odagiri, Y., Yoshikawa, T., Yoshikawa, E., & Kawakami, N. (2018). Effect of the national stress check program on mental health among workers in Japan: A 1-year retrospective cohort study. Journal of Occupational Health, 60, 298-306.
  7. Iwanaga, M., Imamura, K., Shimazu, A., & Kawakami, N. (2018). The impact of being bullied at school on psychological distress and work engagement in a community sample of adult workers in Japan. PLoS ONE, 13(5): e0197168. DOI: 10.1371/journal.pone.0197168
  8. Tayama, J., Schaufeli, W. B., Shimazu, A., Tanaka, M., & Takahama, A. (in press). Validation of a Japanese version of the work engagement scale for students. Japanese Psychological Research.
  9. 徳丸史郎・島津明人・森越まや・坂本光司 (印刷中). 企業で働いている精神障害者におけるワーク・エンゲイジメントの影響要因の検討. 産業精神保健.
  10. Watanabe, K., Kawakami, N., Shiotani, T., Adachi, H., Matsumoto, K., Imamura, K., Matsumoto, K., Yamagami, F., Fusejima, A., Muraoka, T., Kagami, T., Shimazu, A., & Kern, M. (in press). The Japanese Workplace PERMA-Profiler: A validation study among Japanese workers. Journal of Occupational Health.
  11. Imamura, K., Furukawa, T. A., Matsuyama, Y., Shimazu, A., Kuribayashi, K., Kasai, K., & Kawakami, N. (in press). Does the effect of internet-based cognitive behavioral therapy on improving non-clinical depressive symptoms among workers differ by time preference? A randomized controlled trial. Journal of Medical Internet Research.
  12. 浅井裕美・今村幸太郎・堤明純・島津明人・井上彰臣・廣尚典・小田切優子・吉川徹・吉川悦子・川上憲人 (2018). ストレスチェック制度施行開始1年度の実施状況、有用性および課題:労働者へのインターネット調査. 産業ストレス研究, 25, 257-271.
  13. Schaufeli, W. B., Shimazu, A., Hakanen, J., Salanova, M., & De Witte, H. (in press). An ultra-short measure for work engagement: The UWES-3. Validation across five countries. European Journal of Psychological Assessment.
  14. Shimada, K., Shimazu, A., Geurts, S. A. E., & Kawakami, N. (2018). Reliability and Validity of the Japanese Version of the Survey Work-home Interaction –NijmeGen, the SWING (SWING-J). Community, Work & Family. DOI: 10.1080/13668803.2018.1471588.

総説他

  1. 島津明人 (印刷中). 『ワーク・エンゲイジメント』の基礎知識. In: 島津明人(編集代表)Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント. 東京: 金剛出版.
  2. 島津明人 (印刷中). 産業保健と医療のつながり. In: 津川律子・江口昌克(編)公認心理師分野別テキスト 第2巻:保健医療分野. 大阪: 創元社.
  3. 島津明人 (印刷中). 労働安全衛生. In: 日本健康心理学会(編)健康心理学事典. 東京: 丸善
  4. 島津明人 (印刷中). コラム「産業精神保健」. In: 日本健康心理学会(編)健康心理学事典. 東京: 丸善
  5. 島津明人 (印刷中). ワーク・エンゲイジメントとワーカホリズムは,どちらも熱心に仕事をしていることを指すと思うのですが,どこが違うのですか? In: 島津明人(編著)Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント. 東京: 金剛出版
  6. 島津明人 (印刷中). ワーク・エンゲイジメントを向上する施策を取り入れたいのですが,経営層を説得するのに苦労しています。ワーク・エンゲイジメントが企業の経営にとってよいという根拠を教えてください。In: 島津明人(編著)Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント. 東京: 金剛出版
  7. 島津明人 (印刷中). 職場のポジティブメンタルヘルス:組織と個人の活性化に向けた手法開発とその効果. 産業ストレス研究
  8. 島津明人・外山浩之 (印刷中). ワーク・エンゲイジメントとレジリエンス.In: 松井知子・市川佳居(編)レジリエンスと働き方改革. 東京: 金剛出版
  9. 島津明人・小田原幸 (印刷中). 産業保健の視点から. In: 新田泰生(編)公認心理師の基礎と実践第20巻「産業・組織心理学」. 東京: 遠見書房.
  10. 島津明人 (2018). ストレスチェックの戦略的活用:職場環境改善から活性化対策へ. 心と社会, 173, 36-43.
  11. 島津明人 (2018). ワーク・エンゲイジメント:個人と組織の活性化に向けて. ナーシングビジネス, 12, 872-877.
  12. 島津明人 (2018). ワーク・エンゲイジメントと産業保健心理学の国際動向. 労働の科学, 462-465.
  13. 島津明人 (2018). カレントトピック「健康経営」. 産業ストレス研究, 25, 346.
  14. 島津明人 (2018). ストレスチェックに連動したセルフケア支援と産業保健スタッフ向け面接マニュアル. ストレス科学, 32, 362-367.
  15. 島津明人 (2018). 職域に活かすポジティブ・メンタルヘルスの視点. In:「産業医学ジャーナル」編集委員会(編)産業医学のプリンシプル~大切なこと:産業医学振興財団40周年記念誌, Pp177-179. 東京: 産業医学振興財団.
  16. 島津明人 (2018). メンタルヘルスと労働生産性. 産業精神保健, 26(特別号),4-7.
  17. 島津明人 (2018). ポジティブメンタルヘルスの視点から進める職場環境改善. In: 竹田透・堤明純・土肥誠太郎・真船浩介・森口次郎・吉川徹(編)集団分析・職場環境改善版 産業医・産業保健スタッフのためのストレスチェック実務Q&A. Pp.201-207. 東京: 産業医学振興財団.
  18. 島津明人 (2018). 「『ワーク・エンゲイジメント』の概念について教えて下さい。また,管理栄養士が活き活きと活躍できる職場を目指したいと思っていますが,どのようにすればよいでしょうか」. 臨床栄養, 132, 909-911.
  19. 島津明人 (2018). ワーク・ライフ・バランスと健康:Tokyo Work-life INterface study (TWIN study). 社会精神医学, 27, 166-174

2017年

原著論文

  1. Kunie, K., Kawakami, N., Shimazu, A., Yonekura, Y., & Miyamoto, Y. (2017). The relationship between work engagement and psychological distress of hospital nurses and the perceived communication behaviors of their nurse managers: A cross-sectional survey. International Journal of Nursing Studies, 71, 115-124.
  2. Andreassen, C. S., Bakker, A. B., Bjorvatn, B., Moen, B. E., Mageroy, N., Shimazu, A., Hetland, J. & Pallesen, S. (2017). Working conditions and individual differences are weakly associated with workaholism: A two/three-year prospective study of shift-working nurses. Frontiers in Psychology, 8:2045. doi: 10.3389/fpsyg.2017.02045
  3. Imamura, K., Kawakami, N., Tsuno, K., Tsuchiya, M., Shimada, K., Namba, K., & Shimazu, A. (2017). Effects of web-based stress and depression literacy intervention on improving work engagement among workers with low work engagement: An analysis of secondary outcome of a randomized controlled trial. Journal of Occupational Health, 59, 46-54.
  4. Sakuraya, A., Imamura, K., Inoue, A., Tsutsumi, A., Shimazu, A., Takahashi, M., Totuszaki, T., & Kawakami, N. (2017). Workplace social capital and the onset of major depressive episode among workers in Japan: A 3-year prospective cohort study. Journal of Epidemiology & Community Health, 0:1–7. doi:10.1136/jech-2016-208561
  5. Watanabe, M., Shimazu, A., Bakker, A. B., Demerouti, E., Shimada, K., & Kawakami, N. (2017). The impact of job and family demands on partner’s fatigue: A study among Japanese dual-earner parents. PLoS ONE 12(2): e0172291. doi:10.1371/journal.pone.0172291
  6. Sakuraya, Y., Shimazu, A., Eguchi, H., Kamiayama, K., Hara, Y., Namba, K., & Kawakami, N. (2017). Job crafting, work engagement, and psychological distress among Japanese employees: A cross-sectional study. BioPsychoSocial Medicine, 11:6
  7. Tsuno, K., Kawakami, N., Shimazu, A., Inoue, A., Leiter, M. P. (2017). Workplace incivility in Japan: Reliability and validity of the Japanese version of the modified Work Incivility Scale. Journal of Occupational Health, 59, 237-246
  8. Sakuraya, A., Watanabe, K., Kawakami, N., Imamura, K., Ando, E., Asai, Y., Eguchi, H., Kobayashi, Y., Nishida, N., Arima, H., Shimazu, A., & Tsutsumi, A. (in press). Work-related psychosocial factors and onset of metabolic syndrome among workers: A systematic review and meta-analysis protocol. BMJ Open. BMJ open, 7(6) e016716
  9. Watanabe, K., Kawakami, N., Imamura, K., Inoue, A., Shimazu, A., Yoshikawa, T., Hiro, H., Asai, Y., Odagiri, Y., Yoshikawa, E., & Tsutsumi, A. (2017). Pokémon GO and psychological distress, physical complaints, and work performance among adult workers: A retrospective cohort study. Scientific Report, 7: 10758. DOI: 10.1038/s41598-017-11176-2
  10. Schaufeli, W. B., Shimazu, A., Hakanen, J., Salanova, M., & De Witte, H. (in press). An ultra-short measure for work engagement: The UWES-3. Validation across five countries. European Journal of Psychological Assessment.
  11. Kunie, K., Kawakami, N., Shimazu, A., Yonekura, Y., & Miyamoto, Y. (in press). The relationship between work engagement and psychological distress of hospital nurses and the perceived communication behaviors of their nurse managers: A cross-sectional survey. International Journal of Nursing Studies.
  12. Tsutsumi, A., Shimazu, A., Eguchi, H., Inoue, A., & Kawakami, N. (in press). A Japanese Stress Check Program screening tool predicts employee long-term sickness absence: A prospective study. Journal of Occupational Health.
  13. Pallesen, S., Bakker, B., Bjorvatn, B., Moen, B. E., Magerøy, N., Shimazu, A., Hetland, J., Andreassen, C. S. (in press). Working conditions and individual differences are weakly associated with workaholism: A two/three-year prospective study of shift-working nurses. Frontiers in Psychology.

総説他

  1. 島津明人 (2017). 科学的根拠に基づく対応と評価. In: 大西守・廣尚典・市川佳居(編)新・職場のメンタルヘス100 のレシピ, Pp.118-119. 東京: 金子書房
  2. 島津明人 (2017). 職場でポジティブ心理学を活用する方法. In: 大西守・廣尚典・市川佳居(編)新・職場のメンタルヘス100 のレシピ, Pp.120-121. 東京: 金子書房.
  3. 島津明人 (2017). 職場環境改善への活用法:活性化対策を視野に入れた戦略的活用に向けて. 産業精神保健, 25(特別号), 139-142.
  4. 高橋美保・石黒香苗・植竹智香・馬場絢子・島津明人 (2017) ワーク・ライフ・バランスとは何か:育児と仕事に携わる人が望むもの. 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 40, 78-86.
  5. 島津明人 (2017). ストレスチェック制度とセルフケア支援. 医学のあゆみ, 263, 246-250.
  6. 島津明人 (2017). 健康経営と産業ストレス, 産業ストレス研究, 24, 353-356.
  7. 島津明人 (2017). 健康でいきいきと働くために:ワーク・エンゲイジメントに注目した組織と個人の活性化. 心身健康科学, 13, 1-3.
  8. 時田征人・島津明人・藤原武男・高橋正也・岩田昇・渡井いずみ・島田恭子・川上憲人 (2017). 子どもの情緒・行動問題およびワーク・ライフ・バランスと共働き夫婦の精神的健康・主観的幸福感との関連:TWIN STUDY Ⅱデータによる横断的検討. 新情報, 104, 20-29.

著書

  1. 島津明人 (2017). ポジティブメンタルヘルスの動向:ワーク・エンゲイジメントに注目して. In: 丸山総一郎(編)「はたらく」を支える!女性のメンタルヘルス. Pp.44-48. 東京:南山堂.
  2. 島津明人 (2017). 産業保健心理学概論. In: 島津明人(編著)産業保健心理学. Pp.2-12. 京都: ナカニシヤ出版.
  3. 島津明人 (2017). ワーク・エンゲイジメント. In: 島津明人(編著)産業保健心理学. Pp. 238-248. 京都: ナカニシヤ出版. 島津明人 (2017). ワーク・ライフ・バランスと健康. Pp.174-184. In: 島津明人(編著)産業保健心理学. 京都: ナカニシヤ出版.
  4. 島津明人 (2017). 仕事とのほどよい距離感:オフの過ごし方からワーク・エンゲイジメントを考える. In: 島津明人(編著)職場のポジティブメンタルヘルス2:科学的根拠に基づくマネジメントの実践. Pp. 146-153. 東京: 誠信書房.
  5. 島津明人 (2017). 働く女性のポジティブメンタルヘルス:ワーク・エンゲイジメントとワーク・ライフ・バランスからの理解. In: 丸山総一郎(編)働く女性のストレスとメンタルヘルスケア. Pp. 307-317. 大阪:創元社.
    6. Shimazu, A. & Goering, D. (2017). Participatory approach towards a healthy workplace in Japan. In: C. L. Cooper & M. P. Leiter (Eds.) The Routledge companion to well-being at work. New York: Routledge.
  6. 島津明人 (2017). ワーク・ライフ・バランス. In: 東京都医師会産業保健委員会・編集委員会(編)産業医の手引・第9版. Pp. 294-295. 東京: 東京都医師会.

2016年

原著論文

  1. 島田恭子・島津明人・川上憲人 (2016). 未就学児を持つ共働き夫婦におけるワーカホリズムとパートナーの精神的健康との関連:夫婦間コミュニケーションの媒介効果の検討. 行動医学研究, 22, 76-84.
  2. Sakuraya, Y., Shimazu, A., Imamura, K., Namba, K., & Kawakami, N. (2016). Effects of a job crafting intervention program on work engagement among Japanese employees: A pretest-posttest study. BMC Psychology, 4(1): 49.
  3. Eguchi, H., Shimazu, A., Fujiwara, T., Iwata, N., Shimada, K., Takahashi, M., Tokita, M., Watai, I., & Kawakami, N. (2016). The effects of workplace psychosocial factors on whether Japanese dual-earner couples with preschool children have additional children: A prospective study. Industrial Health, 54, 498-504.
  4. Sakakibara, E., Homae, F., Kawasaki, S., Nishimura, Y., Takizawa, R., Koike, S., Kinoshita, A., Sakurada, H., Yamagishi, M., Nishimura, F., Yoshikawa, A., Inai, A., Nishioka, M., Eriguchi, Y., Matsuoka, J., Satomura, Y., Okada, N., Kakiuchi, C., Araki, T., Kan, C., Umeda, M., Shimazu, A., Uga, M., Dan, I., Hashimoto, H., Kawakami, N., & Kasai, K. (2016). Detection of resting state functional connectivity using partial correlation analysis: A study using multi-distance and whole-head probe near-infrared spectroscopy. Neuroimage, 142, 590-601.
  5. Kubo, T., Takahashi, M., Xinxin, L., T Ikeda, H., Togo, F., Shimazu, A., Tanaka, K., Kamata, N., Kubo, Y., & Uesugi, J. (2016). Fatigue and sleep among employees with prospective increase in work time control: A 1-year observational study with objective assessment. Journal of Occupational and Environmental Medicine, 58, 1066-1072.
  6. Eguchi, H., Shimazu, A., Kawakami, N., Inoue, A., & Tsutsumi, A. (2016). Source-specific workplace social support and highsensitivity C-reactive protein levels among Japanese workers: A 1-year prospective cohort study. American Journal of Industrial Medicine, 59, 676-684.
  7. Watanabe, K., Otsuka, Y., Shimazu, A., & Kawakami, N. (2016). The moderating effect of health-improving workplace environment on promoting physical activity in white-collar employees: A multi-site longitudinal study using multi-level structural equation modeling. Journal of Occupational and Environmental Medicine, 58, 178-184.
  8. Shimazu, A., Matsudaira, K., de Jonge, J., Tosaka, N., & Takahashi, M. (2016). Psychological detachment from work during nonwork time: Linear or curvilinear relations with mental health and work engagement. Industrial Health, 54, 282-292.
  9. Eguchi, H.*, Shimazu, A.*, Bakker, A. B., Tims, M., Kamiyama, K., Hara, Y., Namba, K., Inoue, A., Ono, M., & Kawakami, N. (2016). Validation of the Japanese version of the Job Crafting Scale. Journal of Occupational Health, 58, 231-240 (* Equal contribution).
  10. Imamura, K., Kawakami, N., Inoue, A., Shimazu, A., Tsutsumi, A., Takahashi, M., & Totsuzaki, T. (2016). Work engagement as a predictor of onset of major depressive episode (MDE) among workers, independent of psychological distress: A 3-year prospective cohort study. PLoS One, 11(2): e0148157. doi: 10.1371/journal.pone.0148157. eCollection 2016.
  11. Fujiwara, T., Shimazu, A., Tokita, M., Shimada, K., Takahashi, M., Watai, I., Iwata, N., & Kawakami, N. (2016). Association of parental workaholism and body mass index of offspring: A prospective study among Japanese dual workers. Frontiers in Public Health, 4:41. doi: 10.3389/fpubh.2016.00041

総説他

  1. 島津明人 (2016). 産業領域におけるセルフケア教育:科学的根拠にもとづくガイドラインと実施マニュアル. 健康心理学研究, 29(Special issue), 131-137.
  2. 島津明人 (2016). ワーク・エンゲイジメント:健康でいきいきと働くために. 産業ストレス研究, 23, 253 -256.
  3. 有馬秀晃・島津明人・江口尚・堤明純 (2016). 復職支援プログラムほかオランダにおける先進的な産業保健の取り組み. 産業医学ジャーナル, 39, 62-68.
  4. 島津明人・Goering, D. (2016). 仕事の要求度―資源モデルとワーク・エンゲイジメント. ストレス科学, 31, 21-28.
  5. 島津明人 (2016). 中小企業が取り組む際のポイント. 月刊社労士, 2016年12月号, 39.
  6. 島津明人 (2016). よい休みとワーク・ライフ・バランスが活性化につながる. 月刊社労士, 2016年11月号, 39.
  7. 島津明人 (2016). ワーク・エンゲイジメント:健康で活力ある組織づくりに向けて. 人事院月報, 2016年10月号, 16-19.
  8. 島津明人 (2016). 組織の強みをのばしてワーク・エンゲイジメントを高める. 月刊社労士, 2016年10月号, 39.
  9. 島津明人・錦戸典子 (2016). 職場環境へのポジティブアプローチの開発. 産業精神保健, 24, 211-216.
  10. 島津明人 (2016). 事業場のメンタルヘルス対策を促進させるリスクアセスメント手法の開発:特集にあたって. 産業精神保健, 24, 192.
  11. 島津明人 (2016). これからのメンタルヘルス対策:ワーク・エンゲイジメントに注目した組織と個人の活性化. Point of view. WEB労政時報.
  12. 島津明人 (2016). 個人の資源を活性化してワーク・エンゲイジメントを高める. 月刊社労士, 2016年9月号, 39.
  13. 島津明人 (2016). ワーク・エンゲイジメントとは? 月刊社労士, 2016年8月号, 39.
  14. 島津明人 (2016). ポジティブ・メンタルヘルス:メンタルヘルス対策のこれまでとこれから. 月刊社労士, 2016年7月号, 39.
  15. 島津明人 (2016). ストレス対策における職場環境改善:活性化対策につなげるために. 心身医学, 56, 814-818.
  16. 島津明人 (2016). ワーク・エンゲイジメントと仕事の要求度-資源モデル:健康増進と生産性向上の両立に向けて. 産業ストレス研究, 23,181-186.
  17. 島津明人 (2016). 職場のポジティブメンタルヘルス:現場に役立つ最新理論「特集によせて」. 産業ストレス研究, 23, 179-180.
  18. 島津明人 (2016). これからの職場のメンタルヘルスに向けて:産業保健からの2つの提言. 労働調査, 553 (2016年6月号), 4-7.
  19. Shimazu, A., Tsutsumim, A., & Yoshiuchi, K. (2016). Editorial: Behavioral medicine in the Asia Pacific. International Journal of Behavioral Medicine, 23, 393-394.
  20. 島津明人 (2016). ストレスのメカニズム 1)心理学的理解. 産業精神保健, 24(特別号), 4-7.
  21. 島津明人 (2016). 組織の活性化に向けたストレスチェックの戦略的活用. 関西福祉科学大学EAP研究所紀要, 10, 1-3.
  22. 島津明人 (2016). ポジティブメンタルヘルス:ワーク・エンゲイジメントに注目したマネジメント. 病院, 75, 344-347.
  23. 島津明人 (2016). ワーク・エンゲイジメント. 日本医師会雑誌, 144, 2465-2468.
  24. Shimazu, A., & Nakao, M. (2016). Establishment of a Core Curriculum in Behavioral Science in Japan: The Importance of such a Curriculum from the Perspective of Psychology. BioPsychoSocial Medicine, 10: 6. doi: 10.1186/s13030-016-0056-6.
  25. 島津明人 (2016). 心理学の立場からみた行動科学コアカリキュラム. 心身医学, 56, 24-28.

著書

  1. Shimazu, A., Oakman, J., Dollard, M. F., & Bin Nordin, R. (2016). Final chapter: Key contributions and future research directions. In: A. Shimazu, J. Oakman, M. F. Dollard, & R. Bin Nordin. (Eds.) Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Pp. 361-369. Switzerland: Springer.
  2. Imamura, K., Kawakami, N., & Shimazu, A. (2016). Effects of internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) among healthy workers: Current research evidence. In: A. Shimazu, J. Oakman, M. F. Dollard, & R. Bin Nordin. (Eds.) Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Pp. 257-265. Switzerland: Springer.
  3. Inoue, A., Kawakami, N., Shimomitsu, T., Tsutsumi, A., Haratani, T., Yoshikawa, T., Shimazu, A., & Odagiri, Y. (2016). Development of the New Brief Job Stress Questionnaire. In: A. Shimazu, J. Oakman, M. F. Dollard, & R. Bin Nordin. (Eds.) Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Pp. 225-247. Switzerland: Springer.
  4. Tsutsumi, A., & Shimazu, A. (2016). Guidelines for primary prevention for mental health at work. In: A. Shimazu, J. Oakman, M. F. Dollard, & R. Bin Nordin. (Eds.) Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Pp. 61-75. Switzerland: Springer.
  5. Oakman, J., Dollard, M. F., Shimazu, A., & Bin Nordin, R. (2016). State of the arts: The context of psychosocial factors at work in the Asia Pacific. In: A. Shimazu, J. Oakman, M. F. Dollard, & R. Bin Nordin. (Eds.) Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Pp. 3-22. Switzerland: Springer.
  6. 島津明人 (2016). 問題解決. In: 島津明人・種市康太郎(編著)産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル. Pp. 124-128. 東京: 誠信書房.
  7. 島津明人・陸前高田市消防団員への震災後サポートチーム (2016). 多職種協働によるこころの健康支援のシステム作成と支援:陸前高田市での実践活動. In: 日本心理学会(監修)安藤清志・松井豊(編)地域と職場で支える被災地支援. Pp. 68-80. 東京: 誠信書房.
  8. 島津明人 (2016). ワーク・ライフ・バランスと健康. In: 秋田喜代美(監修)あらゆる学問は保育につながる:発達保育実践政策学の挑戦. Pp. 161-162. 東京大学出版会.

2015年

原著論文

  1. Miyaki, K., Song, Y., Suzuki, T., Eguchi, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., Kan, C., & Tsutsumi, A. (2015). DNA Methylation Status of the Methylenetetrahydrofolate Reductase Gene is associated with Depressive Symptoms in Japanese Workers: A Cross-Sectional Study. Journal of Neurology and Neurological Disorders, 2(3): 304.
  2. Miyaki, K., Suzuki, T., Song, Y., Suzuki, T., Tsutsumi, A., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, K., Kan, C., Sasaki, Y., Shimbo, T. (2015). Epigenetic changes caused by occupational stress in humans revealed through noninvasive assessment of DNA methylation of the Tyrosine Hydroxylase Gene. Journal of Neurology and Neurological Disorders, 2(2): 201. doi: 10.15744/2454-4981.2.201.
  3. Suzuki, T., Miyaki, K., Song, Y., Tsutsumi, A., Kawakami, N., Shimazu, A., Takahashi, M., Inoue, A., & Kurioka, S. (2015). Relationship between sickness presenteeism (WHO-HPQ) with depression and sickness absence due to mental disease in a cohort of Japanese workers. Journal of Affective Disorders, 180, 14-20.
  4. Imamura, K., Kawakami, N., Furukawa, T., Matsuyama, Y., Shimazu, A., Umanodan, R., Kawakami S., & Kasai, K. (2015). Effects of an internet-based cognitive behavioral therapy intervention on improving work engagement and other work-related outcomes: An analysis of secondary outcomes of a randomized controlled trial. Journal of Occupational and Environmental Medicine, 57, 578-584.
  5. Kawasaki, S., Nishimura, Y., Takizawa, R., Koike, S., Kinoshita, A., Satomura, Y., Sakakibara, E., Sakurada, H., Yamagishi, M., Nishimura, F., Yoshikawa, A., Inai, A., Nishioka, M., Eriguchi, Y., Kakiuchi, C., Araki, T., Kan, C., Umeda, M., Shimazu, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., & Kasai, K. (2015). Using social epidemiology and neuroscience to explore the relationship between job stress and fronto-temporal cortex activity among workers. Social Neuroscience, 10, 230-242.
  6. Eguchi, H., Kawakami, N., Inoue, A., Shimazu, A., & Tsutsumi, A. (2015). Work engagement and high-sensitivity C-reactive protein levels among Japanese workers: A 1-year prospective cohort study. International Archives of Occupational and Environmental Health, 88, 651-658.
  7. 加賀田聡子, 井上彰臣, 窪田和巳, 島津明人 (2015). 病院看護職における感情労働とワーク・エンゲイジメントおよびストレス反応との関連. 行動医学研究, 21, 83-90.
  8. Takahashi, M., Matsudaira, K., & Shimazu, A. (2015). Disabling low back pain associated with night shift duration: Sleep problems as a potentiator. American Journal of Industrial Medicine, 58, 1300-1310.
  9. 堤明純・井上彰臣・島津明人・高橋正也・川上憲人・栗岡住子・江口尚・宮木幸一・遠田和彦・小杉由起・戸津崎貴文 (2015). 労働者の収入とメンタルヘルス -職の不安定性による媒介効果に注目して-. 厚生の指標, 62(11), 1-8.
  10. Imamura, K., Kawakami, N., Furukawa, T. A., Matsuyama, Y., Shimazu, A., & Kasai, K. (2015). Effects of an internet-based cognitive behavioural therapy intervention on preventing major depressive episodes among workers: a protocol for a randomised controlled trial. BMJ Open, 5: e007590.
  11. Tsuno, K., Kawakami, N., Tsutsumi, A., Shimazu, A., Inoue, A., Odagiri, Y., Yoshikawa, T., Haratani, T., Shimomitsu, T., & Kawachi, K. (2015). Socioeconomic determinants of bullying in the workplace: A national representative sample in Japan. PLosOne, 10(3), e0119435.
  12. Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kamiyama, K., & Kawakami, N. (2015). Workaholism vs. work engagement: The two different predictors of future well-being and performance. International Journal of Behavioral Medicine, 22, 18-23.
  13. Imamura, K., Kawakami, N., Furukawa, T., Matsuyama, Y., Shimazu, A., Umanodan, R., Kawakami, S., & Kasai, K. (2015). Does Internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) prevent major depressive episode for workers? A 12-month follow-up of a randomized controlled trial. Psychological medicine, 45(9), 1907-1917. doi:10.1017/S0033291714003006.

総説他

  1. 島津明人 (2015). 総論 ワーク・エンゲイジメントのすすめ. 安全と健康, 92, 6-10.
  2. 島津明人 (2015). ワーク・エンゲイジメントとポジティブメンタルヘルス. 産業保健21, 82, 6-7.
  3. 島津明人 (2015). ワーク・エンゲイジメントに注目した個人と組織の活性化. 日本職業・災害医学会誌, 63, 205-209.
  4. 櫻谷あすか・島津明人 (2015). 女性労働者のストレスとワーク・エンゲイジメント. 産業ストレス研究, 22, 225-230.
  5. 島津明人 (2015). 共働き夫婦におけるワーク・ライフ・バランスとメンタルヘルス. 産業精神保健, 23(特別号), 124-127.
  6. 島津明人 (2015). ワーク・ライフ・バランス. 臨床心理学, 15, 308-312.
  7. 島津明人 (2015). 産業保健と経営との協働に向けて:ワーク・エンゲイジメントの視点から. 産業・組織心理学研究, 28, 103-110.

著書

  1. 島津明人 (2015). 対人行動と社会行動. In: 野村忍・堤明純・島津明人・中尾睦宏・吉内一浩(編著)行動医学テキスト. Pp.60-65. 中外医学社.
  2. Shimazu, A. (2015). Heavy work investment and work-family balance among Japanese dual-earner couples. In: C. L., Cooper, & L. Luo (Eds). Handbook of Research on Work-Life Balance in Asia. Pp.61-76. Cheltenham, UK: Elgar Publishing Ltd.
  3. 島津明人 (2015). 良く働き良く遊べ! 気分転換は健康を促進する. In: 島津明人(編著)職場のポジティブ・メンタルヘルス:現場で活かせる最新理論. Pp. 2-11, 136-143. 誠信書房.
  4. 島津明人 (2015). 健康の増進と生産性の向上は両立する! -ワーク・エンゲイジメントに注目したマネジメント-. In: 島津明人(編著)職場のポジティブ・メンタルヘルス:現場で活かせる最新理論. Pp. 2-11. 誠信書房.
  5. 島津明人 (2015). ワーク・エンゲイジメント. In: 川上憲人・小林由佳(編)ポジティブメンタルヘルス=いきいき職場づくりテキスト. Pp. 19-21. 培風館.
  6. Shimazu, A., Kubota, K., & Bakker, A. B. (2015). How workaholism affects employees and their families. In: I. Harpaz & R. Snir (Eds.) Heavy work investment: Its nature, sources, outcomes, and future directions. Pp. 171-186. New York: Taylor & Francis.
  7. 大石亜希子・島津明人 (2015). ワーク・ライフ・バランスと労働. In: 川上憲人・橋本英樹・近藤尚己(編)社会と健康. Pp. 57-75. 東京大学出版会.
  8. 島津明人 (2015). ワーク・エンゲイジメントと個人・組織の活性化. In: 丸山総一郎(編)ストレス学ハンドブック. Pp. 492-502. 大阪: 創元社.

2014年

原著論文

  1. 窪田和巳・島津明人・川上憲人 (2014). 日本人労働者におけるワーカホリズムおよびワーク・エンゲイジメントとリカバリー経験との関連. 行動医学研究, 20, 69-76.
  2. Takahashi, M, Tsutsumi, A., Kurioka, S., Inoue, A., Shimazu, A., Kosugi, Y., & Kawakami, N. (2014). Occupational and socioeconomic differences in actigraphically measured sleep. Journal of Sleep Research, 23, 458-462.
  3. Umanodan, R., Shimazu, A., Minami, M., & Kawakami, N. (2014). Effects of computer-based stress management training on psychological well-being and work performance in Japanese employees: A cluster randomized controlled trial. Industrial Health, 52, 480-491.
  4. Qiao, H., Schaufeli, W. B., Taris, T. W., Hessen, D. J., Hakanen, J., Salanova, M., & Shimazu, A. (2014). “East is East and West is West and never the twain shall meet” Work engagement and workaholism across eastern and western cultures. Journal of Behavioral and Social Sciences, 1, 6-24.
  5. Panthee, B., Shimazu, A., & Kawakami, N. (2014). Validation of Nepalese version of Utrecht Work Engagement Scale. Journal of Occupational Health, 56, 421-429.
  6. Suzuki, T., Miyaki, K., Sasaki, Y., Song, Y., Tsutsumi, A., Kawakami, N., Shimazu, A., Takahashi, M., Inoue, A., Kurioka, S., & Shimbo, T. (2014). Optimal cutoff values of WHO-HPQ presenteeism scores by ROC analysis for 3 preventing mental sickness absence in Japanese prospective cohort. PLosOne, 9(10), e111191.
  7. Inoue, A., Kawakami, N., Shimomitsu, T., Tsutsumi, A., Haratani, T., Yoshikawa, T., Shimazu, A., & Odagiri, Y. (2014). Development of a short version of the New Brief Job Stress Questionnaire. Industrial Health, 52, 535-540.
  8. Inoue, A., Kawakami, N., Shimomitsu, T., Tsutsumi, A., Haratani, T., Yoshikawa, T., Shimazu, A., & Odagiri, Y. (2014). Development of a short questionnaire to measure an extended set of job demands, job resources, and positive health outcomes: The New Brief Job Stress Questionnaire. Industrial Health, 52, 175-189.
  9. Shimazu, A., de Jonge, J., Kubota, K., & Kawakami, N. (2014). Psychological detachment from work during off-job time: Predictive role of work and non-work factors in Japanese employees. Industrial Health, 52, 141-146.
  10. Imamura, K., Kawakami, N., Furukawa, T., Matsuyama, Y., Shimazu, A., Umanodan, R., Kawakami, S., & Kasai, K. (2014). Effects of an Internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) program in Manga format on improving subthreshold depressive symptoms among healthy workers: A randomized controlled trial. PLosOne, 9(5), e97167.
  11. Inoue, A., Kawakami, N., Tsutsumi, A., Shimazu, A., Miyaki, K., Takahashi, M., Kurioka, S., Eguchi, H., Tsuchiya, M., Enta, K., Kosugi, Y., Sakata, T., & Totsuzaki, T. (2014). Association of job demands with work engagement of Japanese employees: Comparison of challenges with hindrances (J-HOPE). PLosOne, 9 (3), e91583.
  12. Kubota, K., Shimazu, A., Kawakami, N., & Takahashi, M. (2014). Workaholism and sleep quality among Japanese employees: A prospective cohort study. International Journal of Behavioral Medicine, 21, 66-76.
  13. Bakker, A. B., Shimazu, A., Demerouti, E., Shimada, K., & Kawakami, N. (2014). Work engagement versus workaholism: A test of the spillover-crossover model. Journal of Managerial Psychology, 29, 63-80.

総説他

  1. 島津明人 (2014). ワーク・ライフ・バランスとメンタルヘルス:共働き夫婦に焦点を当てて. 日本労働研究雑誌, 653, 75-84.
  2. 島津明人 (2014). 個人の仕事の再構築を通じたワーク・エンゲイジメント. 産業ストレス研究, 22, 113-117.
  3. 島津明人 (2014). 職場のメンタルヘルス入門編「ワーク・エンゲイジメント」. 産業ストレス研究, 21, 295-297.
  4. 島津明人 (2014). ワーク・エンゲイジメント:「健全な仕事人間」とは. DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー, 2014年9月号, 32-42.
  5. 島津明人 (2014). 総論:特集「職場が元気になるワーク・エンゲイジメント」にあたって. 産業看護, 6(3), 8-11.
  6. 島津明人 (2014). これからの職場のメンタルヘルス:経営戦略として「こころの健康」を考える. 日本の人事部LEADERS, 2, 97.
  7. 島津明人 (2014). 健康でいきいきと働くために:ワーク・エンゲイジメントに注目した個人と組織の活性化. 学校運営, 632 (2014年3月号), 22-25.
  8. 島津明人・川上憲人 (2014). これからの職場のメンタルヘルス:産業保健心理学からの2つの提言. 学術の動向, 19, 60-65.
  9. 島津明人 (2014). ワーク・エンゲイジメント:メンタルヘルス不調の予防から個人・組織の活性化へ. 心とからだのオアシス, 2014年冬号, 3-7.

著書・翻訳書

  1. 島津明人 (2014). ワーク・エンゲイジメント: ポジティブ・メンタルヘルスで活力ある毎日を. 労働調査会.
  2. 島津明人 (2014). 組織を活性化するワーク・エンゲイジメント. In: 川上憲人・島津明人・守島基博・北居明(編)健康いきいき職場づくり:現場発 組織変革のすすめ. Pp. 125-152. 生産性出版.
  3. Shimazu, A., Shimada, K., & Watai, I. (2014). Work-family balance and well-being among Japanese dual-earner couples: A spillover-crossover perspective. In: S., Leka & R. Sinclair (Eds.) Contemporary occupational health psychology: Global perspectives on research & practice (Volume 3). Pp. 84-96. Wiley-Blackwell.
  4. 島津明人 (2014). 健康心理学:総説. In: 下山晴彦(編)誠信 心理学辞典. Pp. 632-633. 誠信書房.
  5. 島津明人 (2014). ストレスと健康. In: 下山晴彦(編)誠信 心理学辞典. Pp. 636-638. 誠信書房.
  6. 島津明人 (2014). 健康心理学とは. In: 下山晴彦(編)誠信 心理学辞典. Pp. 634-636. 誠信書房.
  7. Matsuoka, N., & Shimazu, A., (2014). Workaholism in Japanese workers. In: M. F. Dollard, A. Shimazu, R. Bin Nordin, P. Brough & M. Tuckey. (Eds). Psychosocial Factors at Work in the Asia Pacific. Pp. 217-230. Switerland: Springer.
  8. 島津明人(編著) (2014). 職場のストレスマネジメント(CD付き):セルフケア教育の企画・実施マニュアル. 誠信書房.
  9. 島津明人(総監訳)(2014). ワーク・エンゲイジメント:基本理論と研究のためのハンドブック. 星和書店. (Bakker, A. B. & Leiter, M. P. (2010). Work engagement: A handbook of essential theory and research. Psychology Press.)

2013年

原著論文

  1. Shimazu, A., Kawakami, N., Kubota, K., Inoue, A., Kurioka, S., Miyaki, K., Takahashi, M., & Tsutsumi, A. (2013). Psychosocial mechanisms of psychological health disparity in Japanese workers. Industrial Health, 51, 472-481.
  2. Demerouti, E., Shimazu, A., Bakker, A., Shimada, K., & Kawakami, N. (2013). Work-self balance: A longitudinal study on the effects of job demands and resources on personal functioning in Japanese working parents. Work & Stress, 27, 223-243.
  3. Matsudaira, K., Shimazu, A., Fujii, T., Kubota, K., Sawada, T., Kikuchi, N., & Takahashi, M. (2013). Workaholism as a risk factor for depression, disabling back pain, and sickness absence among Japanese workers. PLoS ONE, 8(9): e75140. doi:10.1371/journal.pone.0075140
  4. Suzuki, T., Miyaki, K., Tsutsumi, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., Kakehashi, M., Sasaki, Y., Shimbo, T. & For the J-HOPE study group (the Japanese study of Health, Occupation, and Psychosocial factors related Equity). (2013). Japanese dietary pattern consistently relates to low depressive symptoms and it is modified by job strain and worksite supports. Journal of Affective Disorders, 150, 490-498.
  5. Inoue, A., Kawakami, N., Tsuno, K., Shimazu, A., Tomioka, K., & Nakanishi, M. (2013). Job demands, job resources, and work engagement of Japanese employees: A prospective cohort study. International Archives of Occupational and Environmental Health, 86, 441-449.
  6. Shimazu, A., Kubota, K., Bakker, A. B., Demerouti, E., Shimada, K., & Kawakami, N. (2013). Dual experiences of work-to-family conflict and family-to-work conflict: A spillover-crossover perspective. Journal of Occupational Health, 55, 234-243.
  7. Miyaki, K., Song, Y., Taneichi, S., Tsutsumi, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., & Shimbo, T. (2013). Socioeconomic status is significantly associated with the dietary intakes of folate and depression scales in Japanese workers (J-HOPE Study). Nutrients, 18, 565-578.
  8. Miyaki, K., Song, Y., Taneichi, S., Tsutsumi, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., & Shimbo, T. (2013). Socioeconomic Status is Significantly Associated with Dietary Salt Intakes and Blood Pressure in Japanese Workers (J-HOPE Study). International Journal of Environmental Research and Public Health, 10, 980-993.
  9. Kubo, T., Takahashi, M., Togo, F., Liu, X., Shimazu, A., Tanaka, K., & Takaya, M. (2013). Effects on employees of controlling working hours and working schedules. Occupational and Environmental Medicine, 63, 148-151.

総説他

  1. 島津明人 (2013). これからの職場のメンタルヘルス:ワーク・エンゲイジメントが人と組織を元気にする. メンタルヘルスマネジメント, 2013年10月号, 27-30.
  2. 島津明人 (2013). これからの職場のメンタルヘルスを展望する:産業保健心理学からの2つの提言. 産業精神保健, 21, 287-292.
  3. Bakker, A. B., Demerouti, E., & 島津明人 (2013). スピルオーバー-クロスオーバーモデル. 産業ストレス研究, 20, 253-265.
  4. Bakker, A. B., 江口尚, 原雄二郎, & 島津明人 (2013). ワーク・エンゲイジメントとジョブ・クラフティング:いきいきとした労働者は働きやすい職場を自ら作り出す. 産業医学ジャーナル, 36, 52-63.
  5. 吉川徹・吉川悦子・土屋政雄・小林由佳・島津明人・堤明純・小田切優子・小木和孝・川上憲人 (2013). 職場のメンタルヘルスのための職場環境改善の評価と改善に関するガイドライン. 産業ストレス研究, 20, 135-145.
  6. 島津明人 (2013). 職場のメンタルヘルスのためのセルフケア教育のガイドライン. 産業ストレス研究, 20, 127-133.
  7. 島津明人 (2013). ワーク・エンゲイジメントが人と組織を元気にする. 労働の科学, 68, 8-11.

著書

  1. 島津明人 (2013). ストレスとうつ. In: 無藤隆・子安増生(編) 発達心理学Ⅱ. Pp. 113-119. 東京大学出版会.
  2. 島津明人 (2013). 働き方の見直しからこころの健康づくりを考える. In: 国土交通省観光庁(編)会社と社員を輝かせる「ポジティブ・オフ」企業における取組ポイント&事例集. Pp. 86-96. 東京: 国土交通省観光庁.
  3. 島津明人 (2013). ワーク・エンゲイジメントに注目したポジティブ・メンタルヘルスの実践:個人と組織の活性化に向けて. In: 技術情報協会(編)研究者・技術者の「うつ病」対策. Pp. 82-84. 東京: 技術情報協会.

2012年

原著論文

  1. Miyaki, K., Song, Y., Htun, N. C., Tsutsumi, A., Hashimoto, H., Kawakami, N., Takahashi, M., Shimazu, A., Inoue, A., Kurioka, S., & Shimbo, T. (2012). Folate intake and depressive symptoms in Japanese workers considering SES and job stress factors: J-HOPE study. BMC Psychiatry, 12, 33.
  2. 島田恭子・島津明人・川上憲人 (2012). 未就学児を持つ共働き夫婦におけるワーク・ライフ・バランスと精神的健康:1年間の縦断データから. 厚生の指標, 59(15), 10-18
  3. Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kubota, K., & Kawakami, N. (2012). Do workaholism and work engagement predict employee well-being and performance in opposite directions? Industrial Health, 50, 316-321.
  4. Shimazu, A., Sonnentag, S., Kubota, K., & Kawakami, N. (2012). Validation of the Japanese version of Recovery Experience Questionnaire. Journal of Occupational Health, 54, 196-205.
  5. Kubota, K., Shimazu, A., Kawakami, N., Takahashi, M., Nakata, A., & Schaufeli, W. B. (2012). The empirical distinctiveness of workaholism and work engagement among hospital nurses in Japan: The effect on sleep quality and job performance. Ciencia & Trabajo, 14, 31-36.
  6. Funakoshi, A., Miyamoto, Y., & Shimazu, A. (2012). Development of a scale of difficulties experienced by parents of children with hikikomori syndrome. Journal of Mie Prefectural College of Nursing, 15, 39-55.

総説他

  1. 島津明人・今村幸太郎 (2012). 海外のリワーク事情:オランダの復職支援システムに注目して. 臨床精神医学, 41, 1601-1606.
  2. 島田恭子・島津明人 (2012). ワーク・ライフ・バランスのポジティブ・スピルオーバーと精神的健康. 産業精神保健, 20, 271-275.
  3. 島津明人 (2012). これからの職場のメンタルヘルス:いまなぜ活性化対策か. 産業精神保健, 20, 185-186.
  4. 島津明人 (2012). 職場のメンタルヘルス:次の20年に向けての2つの提言. 産業ストレス研究, 19, 265.
  5. 島津明人・窪田和巳・高田未里・川上憲人 (2012). 社会格差と健康の心理社会的メカニズム:仕事の要求度と資源の媒介効果の検討. ストレス科学, 27, 60-66.
  6. 島津明人・江口尚 (2012). ワーク・エンゲイジメントに関する研究の現状と今後の展望. 産業医学レビュー, 25, 79-97.
  7. 島津明人 (2012). 職場のメンタルヘルスと個人・組織の活性化:ワーク・エンゲイジメントの視点から. 産業看護, 4, 334-337.
  8. 島津明人 (2012). 災害行動科学研究会の取組み. 産業精神保健, 20(特別号), 58-65.
  9. 島津明人 (2012). 職場のメンタルヘルス対策における第一次予防:科学的根拠にもとづくセルフケアを中心に. 保健の科学, 54, 315-319.

著書・翻訳書

  1. 島津明人 (2012). 科学的根拠に基づく個人向けストレス対策. In: 日本産業ストレス学会(編)産業ストレスとメンタルヘルス対策:最先端の研究から現場の実践まで. Pp.122-127. 中央労働災害防止協会.
  2. 島津明人 (2012). ワーク・エンゲイジメントの理論と測定. In: 日本産業ストレス学会(編)産業ストレスとメンタルヘルス対策:最先端の研究から現場の実践まで. Pp.54-60. 中央労働災害防止協会.
  3. 島津明人 (2012). こころの健康支援:行動科学の観点から. In: 災害行動科学研究会, 島津明人(編)災害時の健康支援:行動科学からのアプローチ. Pp.86-103. 東京: 誠信書房
  4. 島津明人・佐藤美奈子 (2012). ワーク・エンゲイジメント入門. 星和書店. (Schaufeli, W. B. & Dijkstra, P. (2010) . Bevlogen aan het werk. Thema, uitgeverij van Schouten & Nelissen)

2011年

原著論文

  1. Kubota, K., Shimazu, A., Kawakami, N., Takahashi, M., Nakata, A., & Schaufeli, W. B. (2011). Distinción empírica entre engagement y trabajolismo en enfermeras hospitalarias de Japón: Efecto sobre la calidad del sueño y el desempeño laboral. Ciencia & Trabajo, 13, 152-157 (in Spanish).
  2. Shimazu, A., Demerouti, E., Bakker, A. B., Shimada, K., & Kawakami, N. (2011). Workaholism and well-being among Japanese dual-earner couples: A spillover-crossover perspective. Social Science & Medicine, 73, 399-409.
  3. Bakker, A. B., Shimazu, A., Demerouti, E., Shimada, K., & Kawakami, N. (2011). Crossover of work engagement among Japanese couples: Perspective taking by both partners. Journal of Occupational Health Psychology, 16, 112-125.

総説他

  1. 福岡悦子・谷口敏代・國本政子・島津明人 (2011). 産業看護職と福祉施設看護職のワーク・エンゲイジメントと職業性ストレス. インターナショナルNursing Care Research, 10, 13-22.
  2. 島津明人 (2011). ワーク・エンゲイジメントとポジティブメンタルヘルス. 産業精神保健, 19, 280-284.
  3. 島津明人 (2011). 近年の社会経済状況と職場のメンタルヘルス:産業保健心理学からの示唆. 産業ストレス研究, 18, 303-307.
  4. 島津明人 (2011). ワーク・ライフ・バランスとこころの健康. 心と社会, 144, 96-101.
  5. 島津明人 (2011). 産業領域から臨床心理学の発展に向けて. 臨床心理学, 11, 42-44.

著書

  1. 島津明人 (2011). メンタルヘルス対策を評価する. In: 廣尚典(編)チームで取り組む職場のメンタルヘルス. Pp. 84-89. 東京: 診断と治療社.

2010年

原著論文

  1. Kubota, K., Shimazu, A., Kawakami, N., Takahashi, M., Nakata, A., & Schaufeli, W. B. (2010). Association between workaholism and sleep problems among hospital nurses. Industrial Health, 48, 864-871.
  2. Shimazu, A., Bakker, A. B., Demerouti, E., & Peeters, M. C. W. (2010). Work-family conflict in Japan: How job and home demands affect psychological distress. Industrial Health, 48, 766-774.
  3. Shimada, K., Shimazu, A., Bakker, A. B., Demerouti, E., & Kawakami, N. (2010). Work-family spillover among Japanese dual-earner couples: A large community-based study. Journal of Occupational Health, 52, 335-343.
  4. Shimazu, A., Schaufeli, W. B., & Taris, T. W. (2010). How does workaholism affect worker well-being and performance? The mediating role of coping. International Journal of Behavioral Medicine, 17, 154-160.
  5. de Jonge, J., van Vegchel, N., Shimazu, A., Schaufeli, W. B., & Dormann, C. (2010). A longitudinal test of the demand-control model using specific job demands and specific job control. International Journal of Behavioral Medicine, 17, 125-133.
  6. Inoue, A., Kawakami, N., Ishizaki, M., Shimazu, A., Tsuchiya, M., Tabata, M., Akiyama, M., Kitazume, A., Kuroda, M. (2010). Organizational justice, psychological distress, and work engagement in Japanese workers. International Archives of Occupational and Environmental Health, 83, 29-38.

総説他

  1. 島津明人 (2010). 仕事のストレスから活力へ:メンタルヘルス対策の新たな展開. 関西福祉科学大学EAP研究所紀要, 4, 1-3.
  2. 栗岡住子・島津明人 (2010). 活気ある職場づくりに向けて:人と組織を活性化するメンタルヘルスのあり方を考える. 産業精神保健, 18, 310-314.
  3. 島津明人 (2010). ワーク・エンゲイジメントに注目した自助と互助. 総合病院精神医学, 22, 20-26.
  4. 島津明人 (2010). 健康心理学の医学への応用:心理社会的ストレスに注目して. 医学のあゆみ, 235, 181-182.
  5. Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Miyanaka, M., & Iwata, N. (2010). Why Japanese workers show low work engagement? An Item Response Theory analysis of the Utrecht Work Engagement Scale. BioPsychoSocial Medicine, 4, 17.
  6. 島津明人 (2010). メンタルヘルス対策の新指標「ワーク・エンゲイジメント」. ビジネスガイド, 718, 60-65.
  7. 島津明人 (2010). 産業心理臨床のヒント:ワーク・エンゲイジメント. 臨床心理学, 10, 791-792.
  8. 島津明人 (2010). 人事労務必見 これからの職場のメンタルヘルス:ワーク・エンゲイジメントに注目した人と組織の活性化. 労働基準広報, 1684, 6-15.
  9. 島津明人 (2010). 職業性ストレスとワーク・エンゲイジメント. ストレス科学研究, 25, 1-6.
  10. 馬ノ段梨乃・土屋政雄・島津明人 (2010). 職場における個人向けストレス対策 -介入方略の変遷と新たな視点-. 産業医学レビュー, 33, 103-107.
  11. 窪田和己・島津明人 (2010). ワーカホリズムに関する文献レビュー. 産業精神保健, 18, 81-85.

著書・翻訳書

  1. Shimazu, A., Miyanaka, D., & Schaufeli, W. B. (2010). Work engagement from a cultural perspective. In: Albrecht, S. (Ed). Handbook of Employee Engagement: Perspectives, Issues, Research and Practice. Pp. 364-372. Northampton: Edward-Elgar.
  2. 島津明人 (2010). 医学的ストレス研究と心理学的ストレス研究. In: 海保博之(編)感情と思考の科学事典. Pp. 300-301. 朝倉書店.
  3. 島津明人 (2010). ストレスマネジメント. In: 海保博之(編)感情と思考の科学事典. Pp. 302-303. 朝倉書店.
  4. 島津明人 (2010). 建設機械メーカーにおけるグループ討議を通じた職場環境等の改善. In: 小木和孝・川上憲人(監修)メンタルヘルスのための職場環境改善:「職場環境改善のためのヒント集」ですすめるチェックポイント30, 中央労働災害防止協会, 109-111.
  5. 島津明人 (2010). 職場内の相互支援. In: 小木和孝・川上憲人(監修)メンタルヘルスのための職場環境改善:「職場環境改善のためのヒント集」ですすめるチェックポイント30. Pp. 69-79. 中央労働災害防止協会.
  6. Taris, T. W., Schaufeli, W. B., & Shimazu, A. (2010). The Push and Pull of Work: About the Difference between Workaholism and Work Engagement. In: A.B. Bakker & M.P. Leiter (Eds.), Work engagement: A handbook of essential theory and research. Pp. 39-53. New York: Psychology Press.
  7. 島津明人 (2010). 環境ストレスと人間のパフォーマンスへの影響. In: 下光輝一(監訳)ストレス百科事典, 丸善. (Surtees, P. & Wainwright, N. (2000). Environmental stress, effects on human performance. In: G, Fink (Ed.), Encycropedia of stress. San Diego: Academic Press, Pp. 940-945)
  8. 島津明人 (2010). 教育水準とストレス. In: 下光輝一(監訳)ストレス百科事典, 丸善. (Mirowsky, J. & Ross, C. E. (2000). Education levels and stress. In: G, Fink (Ed.), Encycropedia of stress. San Diego: Academic Press, Pp. 888-893)

2009年

原著論文

  1. Tsuno, K., Kawakami, N., Inoue, A., Ishizaki, M., Tabata, M., Tsuchiya, M., Akiyama, M., Kitazume, A., Kuroda, M., & Shimazu, A. (2009). Intragroup and intergroup conflict at work, psychological distress, and work engagement in a sample of employees in Japan. Industrial Health, 47, 640-648.
  2. Schaufeli, W. B., Shimazu, A., & Taris, T. W. (2009). Being driven to work excessively hard: The evaluation of a two-factor measure of workaholism in The Netherlands and Japan. Cross-Cultural Research, 43, 320-348.
  3. Shimazu, A. & Schaufeli, W.B. (2009). Is workaholism good or bad for employee well-being? The distinctiveness of workaholism and work engagement among Japanese employees. Industrial Health, 47, 495-502.
  4. Umanodan, R., Kobayashi, Y., Nakamura, M., Kitaoka-Higashiguchi, K., Kawakami, N., & Shimazu, A. (2009). Effects of a worksite stress management training program with six short-hour sessions: A controlled trial among Japanese employees. Journal of Occupational Health, 51, 294-302.
  5. 中島美鈴・稗田道成・島田俊夫・島津明人 (2009). 集団認知行動療法の比較化対照試験による効果検討. 精神科治療学, 24, 851-858.
  6. Shimazu, A., Bakker, A. B., & Demerouti , E. (2009). How job demands affect the intimate partner: A test of the spillover–crossover model in Japan. Journal of Occupational Health, 51, 239-248.
  7. Inoue, A., Kawakami, N., Ishizaki, M., Tabata, M., Tsuchiya, M., Akiyama, M., Kitazume, A., Kuroda, M., & Shimazu, A. (2009). Three job stress models/concepts and oxidative DNA damage in a sample of workers in Japan. Journal of Psychosomatic Research, 66, 329-334.
  8. Shimazu, A. & De Jonge, J. (2009). Reciprocal relations between effort-reward imbalance at work and adverse health: A three-wave panel survey. Social Science & Medicine, 68, 60-68.
  9. Inoue, A., Kawakami, N., Tsutsumi, A., Shimazu, A., Tsuchiya, M., Ishizaki, M., Tabata, M., Akiyama, M., Kitazume, A., Kuroda, M., & Kivimäki, M. (2009). Reliability and validity of the Japanese version of the Organizational Justice Questionnaire. Journal of Occupational Health, 51, 74-83.

総説他

  1. Shimazu, A., & Schaufeli, W. B. (2009). Towards a positive occupational health psychology: The case of work engagement. Japanese Journal of Stress Science, 24, 181-187.
  2. 島津明人 (2009). 科学的根拠に基づく職場復帰の支援:オランダの復職支援システム. 産業ストレス研究, 16, 245-249.
  3. 島田恭子・島津明人 (2009). ワーク・ライフ・バランスと精神的健康. 産業精神保健, 17, 139-144.
  4. 島津明人 (2009). いま,働くことの意義を考える:ワーク・ライフ・バランスの視点から. 産業精神保健, 17, 121-122.
  5. 島津明人 (2009). 職場のポジティブ心理学:ワーク・エンゲイジメントの視点から. 産業ストレス研究, 16, 131-138.
  6. 島津明人 (2009). 職場のメンタルヘルス対策の新しい試み -個人と組織の活性化に注目して. ストレス科学, 23, 274-279.
  7. 島津明人(2009). 臨床心理学の最新知見 -臨床心理学におけるストレス研究-. 臨床心理学, 9, 575-579.
  8. 馬ノ段梨乃・島津明人 (2009). e-ラーニングによる健康教育:労働者のストレス対策に注目して. 健康開発科学, 13(2), 13-18.

著書

  1. 島津明人 (2009). 健康とストレス. In: 西本武彦・大藪 泰・福澤一吉・越川房子(編著)現代心理学入門. Pp. 368-383. 川島書店.

2008年

原著論文

  1. 尾形明子・宮谷真人・中尾敬・島津明人・鈴木伸一 (2008). 不安による自己関連処理が記憶再生の低下に及ぼす影響. 行動療法研究, 34, 33-42.
  2. Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kosugi, S., Suzuki, A., Nashiwa, H., Kato, A., Sakamoto, M., Irimajiri, H., Amano, S., Hirohata, K., Goto, R., & Kitaoka-Higashiguchi, K. (2008). Work engagement in Japan: Validation of the Japanese version of Utrecht Work Engagement Scale. Applied Psychology: An International Review, 57, 510-523.
  3. Shimazu, A., De Jonge, J., & Irimajiri, H. (2008). Lagged effects of active coping within the Demand-Control Model: A three-wave panel study among Japanese employees. International Journal of Behavioral Medicine, 15, 44-53.

総説他

  1. 島津明人 (2008). ネガティブな思考パターンから抜け出すには -こころのレンズの修正法. I’m fine, 冬号.
  2. 島津明人 (2008). 職場におけるこころをつかむ健康教育:ストレス教育の実際から. 産業ストレス研究, 15, 261-264.
  3. 島津明人 (2008). じょうずな断り方 -気持ちを伝える2つのステップ-. I’m fine, 秋号.
  4. 島津明人 (2008). 仕事への自信がなくなったら -自信アップのための3つのステップ-. I’m fine, 夏号.
  5. 島津明人 (2008). 慣れない仕事に出会ったら…. I’m fine, 春号.
  6. 島津明人 (2008). 個人・組織の活性化とメンタルヘルス. 関西福祉科学大学EAP研究所紀要, 2, 1-3.
  7. Shimazu, A. & Schaufeli, W. B. (2008). Work Engagement: An emerging concept in Occupational Health Psychology. BioScience Trends, 2, 2.
  8. 川上憲人・島津明人・ 土屋政雄・堤明純 (2008). 産業ストレスの第一次予防対策:科学的根拠の現状とその応用. 産業医学レビュー, 20, 175-195.

著書

  1. 島津明人・島津美由紀 (2008). 自分でできるストレスマネジメント -活力を引き出す6つのレッスン. 培風館.

2007年

原著論文

  1. 堀匡・島津明人 (2007). 大学生を対象としたストレスマネジメントプログラムの効果. 心理学研究, 78, 284-289.
  2. Shimazu, A., & Schaufeli, W. B. (2007). Does distraction facilitate problem-focused coping with job stress? A one year longitudinal study. Journal of Behavioral Medicine, 30, 423-434.
  3. Yamagishi, M., Kobayashi, T., Kobayashi, T., Nagami, M., Shimazu, A., & Kageyama, T. (2007). Effect of web-based assertion training for stress management of Japanese nurses. Journal of Nursing Management, 15, 603-607.
  4. 吉川徹・川上憲人・小木和孝・堤明純・島津美由紀・長見まき子・島津明人 (2007). 職場環境改善のためのメンタルヘルスアクションチェックリストの開発. 産業衛生学雑誌, 49, 127-142.

総説他

  1. 島津明人 (2007). 労働者の健康と仕事外の要因. ストレス科学, 22, 157-163.
  2. 島津明人 (2007). 職場のメンタルヘルスについて理解するための6冊. こころの健康, 91-94.
  3. 島津明人 (2007). 産業精神保健:1次予防のエビデンス(個人向けストレス対策). 産業精神保健, 15, 140-143.
  4. 島津明人・川上憲人 (2007). 従業員個人向けストレス対策の現状と今後の課題. 産業医学ジャーナル, 30, 89-92.

著書

  1. 島津明人 (2007). 職業性ストレスとストレス対策. In: 川上憲人・堤明純(監修)職場におけるメンタルヘルスのスペシャリストBOOK. Pp.241-252. 培風館.
  2. 島津明人 (2007). 個人向けストレス対策. In: 川上憲人・堤明純(監修)職場におけるメンタルヘルスのスペシャリストBOOK. Pp.272-282. 培風館.

2006年

原著論文

  1. Shimazu, A., Umanodan, R., & Schaufeli, W. B. (2006). Effects of brief psycho-education in the workplace on coping skills, psychological distress and physical complaints: A controlled trial. International Archives of Occupational and Environmental Health, 80, 60-69.
  2. 澤田梢・島津明人・鈴木伸一 (2006). 高齢者の在宅介護者における負担感と肯定的評価・ソーシャルサポートとの関連, 広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要, 4, 110-117.

総説他

  1. 堤明純・島津明人・入交洋彦・吉川徹・川上憲人 (2006). 職業性ストレス調査票と職場環境改善のためのヒント集を活用した職場環境改善. 産業ストレス研究, 13, 211-217.
  2. 小杉正太郎・鈴木綾子・島津明人 (2006). Work Engagementに関する心理学的ストレス研究からの検討. 産業ストレス研究, 13, 185-189.

著書

  1. 島津明人 (2006). 職場におけるストレスマネジメント:対人ストレスを中心に. In: 谷口弘一・福岡欣治(編著)対人関係とストレス. Pp.153-163. 北大路書房.
  2. 島津明人 (2006). コーピングと健康. In: 小杉正太郎(編著)ストレスと健康の心理学. Pp.21-34. 朝倉書店.
  3. 島津明人 (2006). 成人のストレス対策. In: 小杉正太郎(編著)ストレスと健康の心理学. Pp.163-176. 朝倉書店.

2005年

原著論文

  1. Shimazu, A., Kawakami, N., Irimajiri, H., Sakamoto, M., & Amano, S. (2005). Effects of web-based psychoeducation on self-efficacy, problem solving behavior, stress responses and job satisfaction: A controlled clinical trial. Journal of Occupational Health, 47, 405-413.
  2. 天野昌太郎・島津明人・加登朝子・坂本光美・入交洋彦 (2005). 機械製造業における職業性ストレスの検討‐作業工程間による比較‐. 産業ストレス研究, 12, 241-248.
  3. Shimazu, A., Shimazu, M., & Odahara, T. (2005). Divergent effects of active coping on psychological distress in the context of the job demands-control-support model: the roles of job control and social support. International Journal of Behavioral Medicine, 12, 192-198.
  4. 坂本光美・北野智子・入交洋彦・島津明人 (2005). 上司サポートが従業員の精神的・身体的ストレス反応に及ぼす影響 ―上司のサポート行動と部下のサポート認知との関連に着目して―. ストレス科学, 19, 254-262.
  5. 堀 匡・島津明人 (2005). 大学新入生のソーシャルスキルが,入学後の友人サポート,抑うつ,孤独感に及ぼす影響. ストレス科学, 19, 245-253.
  6. 川上憲人・堤 明純・小林由佳・廣川空美・島津明人・長見まき子・岩田昇・原谷隆史 (2005). 事業場における心の健康づくりの実施状況チェックリストの開発. 産業衛生学雑誌, 47, 11-32.

総説他

  1. 島津明人 (2005). ストレスコーピングと性差. 性差と医療, 2, 1289-1293.
  2. 島津明人 (2005). 働く人のこころの健康とストレス -今なぜ注目されているのか-. 広島大学大学院心理教育研究センター紀要, 3, 2-6.

著書

  1. 島津明人 (2005). 職業・キャリアの危機と心理臨床的援助. In: 岡本祐子(編著)「ゆまにメンタルヘルスシリーズ」成人期の危機と心理臨床. Pp.71-133. ゆまに書房.
  2. 入交洋彦・峰山幸子・島津明人 (2005). 中高年管理職のストレス -働きざかり世代が陥るうつ-. In: 岡本祐子(編著)現代のエスプリ別冊「中年の光と影 -うつを生きる-」. Pp.118-131. 至文堂.
  3. 島津明人 (2005). ストレス対処行動について. In: 日本産業衛生学会 産業精神衛生研究会(編)職場のメンタルヘルス-実践的アプローチ-. Pp.49-52. 中央労働災害防止協会.

2004年

原著論文

  1. 林弥生・小杉正太郎・島津明人・末松弘行 (2004). 学生定期健康診断における摂食障害を対象とした一次スクリーニングテスト作成の試み-項目の精選と妥当性の検討-. 学校保健研究, 46, 254-263.
  2. 小杉正太郎 ・田中健吾・大塚泰正・種市康太郎・高田未里・河西真知子・佐藤澄子・島津明人・島津美由紀・白井志之夫・鈴木綾子・山手裕子・米原奈緒 (2004). 職場ストレススケール改訂版作成の試み(Ⅰ):ストレッサー尺度・ストレス反応尺度・コーピング尺度の改訂. 産業ストレス研究, 11, 175-185.
  3. Shimazu, A., Shimazu, M., & Odahara, T. (2004). Job control and social support as resources of coping: effects on job satisfaction. Psychological Reports, 94, 449-456.

総説他

  1. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:優先順位づけのワーク. へるすあっぷ21, 234, 35-37.
  2. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:こころを軽くする考え方. へるすあっぷ21, 235, 35-37.
  3. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:ネガティブな思考パターンから抜け出すには -こころのレンズを修正する方法-. へるすあっぷ21, 236, 35-37.
  4. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:「先送り病」に別れをつげるには -じょうずなスケジュールの立て方-. へるすあっぷ21, 237, 35-37.
  5. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:目標行動を確実に実行する方法 -時間の棚卸しと1日の行動スケジュールの立て方-. へるすあっぷ21, 238, 35-37.
  6. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:上手な仕事の頼み方 -能率アップと組織活性化のコツ-. へるすあっぷ21, 239, 35-37.
  7. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:気持ちのよい断り方 -たんなる「お人よし」にならないために-. へるすあっぷ21, 240, 35-37.
  8. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:怒りのコントロール -職場の信用を維持するために-. へるすあっぷ21, 241, 35-37.
  9. 島津明人 (2004). 働く人のメンタルヘルス 実践!ストレスマネジメント:自信アップのこつ -意欲をもって仕事を進めるために-. へるすあっぷ21, 243, 35-37.
  10. 川上憲人・堤明純・小林由佳・島津明人 (2004). 事業場の自殺予防対策の立案とその評価. 産業ストレス研究, 11, 141-147.

著書

  1. 島津明人 (2004). 職場領域におけるストレスマネジメント(1)-企業での取り組みを中心に-. In: 坂野雄二(監修)学校, 職場, 地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル. Pp.99-112. 北大路書房.

2003年

原著論文

  1. Shimazu, A., Okada, Y., Sakamoto, M.,& Miura, M. (2003). Effects of stress management program for teachers in Japan: A pilot study. Journal of Occupational Health, 45, 202-208.
  2. Shimazu, A. & Kosugi, S. (2003). Job stressors, coping, and psychological distress among Japanese employees: Interplay between active and non-active coping. Work & Stress, 17, 38-51.

著書

  1. 島津明人 (2003). 職場不適応と心理的ストレス. 風間書房.
  2. 島津明人 (2003). じょうずなストレス対処のためのトレーニングブック. 法研.
  3. 島津明人 (2003). 産業. In: 内山喜久雄・坂野雄二(編)現代のエスプリ別冊「エビデンス・ベースト・カウンセリング」. Pp.70-78. 至文堂.

2002年

原著論文

  1. Shimazu, A. & Kosugi, S. (2002). Coping strategies as predictors of psychological distress among employees in Japan. New Developments on Psychometrics, Springer-Verlag, 397-404.

総説他

  1. 島津明人 (2002). 産業領域における臨床心理士の教育・研修の現状と今後の課題. 産業ストレス研究, 9(2), 101-106.

著書

  1. 島津明人 (2002). トータルヘルスプロモーションの展開. In: 津田彰(編)医療の行動科学Ⅱ巻. Pp.60. 北大路書房.
  2. 島津明人 (2002). 心理学的ストレスモデルの概要とその構成要因. In: 小杉正太郎(編)ストレス心理学. Pp.31-57. 川島書店.

2001年

原著論文

  1. 坂本光美・島津明人・深田博巳 (2001). 過剰なソーシャルサポートの供与がストレス反応に及ぼす効果. 広島大学心理学研究, 1, 151-160.

総説他

  1. 島津明人 (2001). 職業性ストレス:理論モデルと実証研究. ストレス科学, 16(2), 133-140.
  2. 島津明人・小杉正太郎 (2001). 職場のメンタルヘルス活動における行動科学の適用. 行動科学, 40(1), 39-44.
  3. 島津明人 (2001). ストレスの心理学 生徒のキレるを考える. 進路ジャーナル, 470, 10-13.

2000年

総説他

  1. 島津明人 (2000). ストレス調査に基づく職場メンタルヘルス活動. 産業ストレス研究, 7(3), 151-157.
  2. 島津明人・小杉正太郎 (2000). 職業(仕事),職場ストレスに対処する a)仕事,職場とコーピング. 産業衛生学雑誌, 42(6), A99-100.
  3. 島津明人・小杉正太郎 (2000). 職場におけるコーピング研究. 産業精神保健, 8(3), 239-242.

 原著論文

  1. 島津明人 (1999). 職場ストレッサーに対する対処努力および対処方法が従業員の精神的健康状態に及ぼす影響. 産業ストレス研究, 7(1), 61-66.

翻訳書

  1. 島津明人 (1999). チェックリスト法を用いたストレスフル・ライフイベントの測定. In: 小杉正太郎(監訳)ストレス測定法. Pp.39-81. 川島書店.
  2. 島津明人 (1999). 感情反応の測定. In: 小杉正太郎(監訳)ストレス測定法. Pp.213-247. 川島書店.

1998年

原著論文

  1. 島津明人・小杉正太郎 (1998). 職場不適応に関するコーピング方略の検討. 産業ストレス研究, 5(3), 160-164.
  2. 万木綾子・島津明人 (1998). 職場ストレスにおけるタイプA行動パターン. 早稲田心理学年報, 30(2), 91-96.
  3. 島津明人・小杉正太郎 (1998). 職場不適応発生過程の検討. 心理学研究, 69(3), 198-205.
  4. 島津明人 (1998). 職場ストレスに関するコーピング方略の検討. 産業ストレス研究, 5(2), 64-71.
  5. 島津明人・小杉正太郎 (1998). 従業員を対象としたストレス調査票作成の試み(2)コーピング尺度の作成. 早稲田心理学年報, 30(1), 19-28.

1997年

原著論文

  1. 末廣純子・島津明人 (1997). 摂食態度の形成に関する一考察. 早稲田心理学年報, 29(2), 47-51.
  2. 島津明人 (1997). 企業の従業員を対象としたストレス調査票の作成とその適用. 早稲田大学大学院文学研究科紀要, 42(1), 184-186.
  3. 島津明人・布施美和子・種市康太郎・大橋靖史・小杉正太郎 (1997). 従業員を対象としたストレス調査票作成の試み(1)ストレッサー尺度・ストレス反応尺度の作成. 産業ストレス研究, 4(1), 41-52.

著書

  1. 島津明人 (1997). 第2章(2)(3)スケールの概要(Pp.8-14), 第4章(1)(2)(4)判定基準(Pp.20-23,25-27), 第5章(1)(3)(5)作成過程(Pp.30-34,39-44,48-50) In: 小杉正太郎(編著), ジョブストレスの心理学的研究-職場メンタルヘルススケール-解説書. パブリックヘルスリサーチセンター.