COVID-19と労働者のウェルビーイング研究

はじめに(調査の概要)

慶應義塾大学 総合政策学部 島津明人 研究室では,2020年6月より,全国の労働者1600名を対象とした調査・研究を実施しています。この調査・研究は,COVID-19パンデミックによる労働者の働き方の変化とそれに伴う労働者の健康,ウェルビーングとの関連を縦断調査により明らかにすることを目的としています。

調査の方法

調査開始時点において,インターネット調査会社に登録している20歳から59歳までの労働者(正規従業員,公務員)を対象に,2020年6月から,縦断調査を実施・継続しています。対象者の性別と年齢層が均一になるように募集をしました。対象者のデータは匿名化されていますが,インターネット調査会社のIDで管理され,追跡調査が実施可能となっています。

  • 倫理審査
    本研究は,公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 人を対象とする研究に関する倫理審査委員会 (承認番号: 20E0004)および慶應義塾大学総合政策学部 環境情報学部 政策・メディア研究科研究倫理委員会(承認番号: 336)の承認に基づき実施しています。
  • 臨床試験登録
    本研究は,臨床試験登録をし,実施しています(UMIN試験ID: UMIN000040683)。
    試験名
    新型コロナウイルス感染症(CVID-19)のパンデミックによる働き方の変化と健康およびウェルビーイングに関する縦断研究
    Longitudinal study on work style change, health, and well-being due to pandemic of novel coronavirus infection (COVID-19)

調査項目

この調査では,性別・年齢・学歴・婚姻状況・子どもの有無・居住地といった個人に関する基本項目,職業・業種・企業規模・勤務地といった仕事に関する基本項目のほかに,コロナ禍における心理的ストレス反応,ウェルビーイング,主観的健康感,主観的幸福感,仕事の負担などの項目,ワーク・ライフ・バランスの状況などを聴取しています。質問票の内容は,調査時期に際して,改変をしています。

調査実施期間と回答者数・追跡率

第1回調査:2020年6月8日から9日 (1600名)
第2回調査:2020年9月9日から18日 (1425名,追跡率89.1%)
第3回調査:2020年12月8日から17日 (1385名,追跡率86.6%)
第4回調査:2021年3月8日から20日 (1345名,追跡率84.1%)
第5回調査:2021年6月7日から20日 (1252名,追跡率78.3%)
第6回調査:2021年9月6日から19日 (1283名,追跡率80.2%)

研究者紹介

島津明人: 研究代表者,慶應義塾大学 総合政策学部 教授
宮中大介: 株式会社 ベターオプションズ 代表取締役
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特任助教
榊原圭子: 東洋大学 社会学部 社会心理学科 准教授
森菜安奈: 山梨大学医学部歯科口腔外科学講座 医員
河田美智子: 政策・メディア研究科 博士課程
Fuad Hamsyah: 政策・メディア研究科 博士課程
佐藤悠稀乃: 政策・メディア研究科 修士課程
林昱衡: 政策・メディア研究科 修士課程
時田征人: 慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員

ミニレポート

コロナ禍の仕事における退屈 ―コロナ禍で「仕事においてもっとも退屈」しているのは20代男性―
2022年2月
執筆担当:河田美智子

コロナ禍における働く親のリカバリー経験とワーク・ライフ・バランス
2021年10月
執筆担当:Fuad Hamsyah、河田美智子、榊原圭子

活動実績(論文・学会発表・報告書・レポート・その他)

●論文

●学会発表

  • 島津明人・河田美智子・時田征人・宮中大介 (2021). コロナ禍における雇用不安定と心理的ストレス反応:3時点の縦断調査による検討.産業衛生学雑誌,63,P508,2021年5月24日(月),松本.
  • 河田美智子・時田征人・宮中大介・島津明人 (2021).仕事の退屈尺度日本語版(DUBS-J)の信頼性・妥当性の検討.産業衛生学雑誌,63,P551, 2021年5月24日(月),松本.
  • 時田征人,河田美智子,宮中大介,島津明人 (2021).COVID-19の感染体験による心理的ストレス反応への経時的影響.産業衛生学雑誌,63,P504,2021年5月24日(月),松本.
  • Kawada M, Tokita M, Miyanaka D, Sato Y, Shimazu A. The Distinctiveness of Boredom at Work, Workaholism, and Work Engagement among Japanese Employees. Poster presented at: ICBM-16th (International Congress of Behavioral Medicine); July 15-18, 2021; Glasgow, UK.
  • Sato Y, Kawada M, Tokita M, Miyanaka D, Sugawara K, 5Shimazu A. The Longitudinal Relationship Between Self-compassion and Happiness Among Japanese Employees During COVID-19 Pandemic. Poster presented at: ICBM-16th (International Congress of Behavioral Medicine); July 15-18, 2021; Glasgow, UK.

●報告書・レポート

●その他


情報の引用の際には「慶應義塾大学総合政策学部島津研究室『COVID-19と労働者のウェルビーイング研究』より URL:https://hp3.jp/project/study-on-covid-19-and-worker-well-being」と記載をお願いします。